学校危機メンタルサポートセンター -大阪教育大学-
ホーム > (日本ISS認証センター)ISS概要

ISS概要

International Safe School(以下「ISS」と略記)とは、WHO地域安全推進協働センター(WHO Collaborating Centre on Community Safety Promotion:WHO-CCCSP)が推進している学校園(以下「学校」と略記)の安全推進を目的とした国際的認証活動の1つです。具体的には、根拠に基づいた持続可能な安全推進の取り組みが実践されていると認められた学校をISSとして認証し、その認証された学校間に安全を協働して推進することを目的とした世界的なネットワークを構築し、全世界に学校安全推進の取り組みを発信することを通じて相互にその成果を共有し高めあっていこうとする制度です。ここで重要なことは、この認証制度が「安全が確保された、完成された安全な学校」を表彰しようとするものではなく、学校の安全について「教職員・児童(生徒・学生・幼児を含む)・保護者、さらには地域の人々が協力して、組織的かつ継続可能な取り組みが実践され展開される条件が整備されていると認められた学校」、すなわち安全をゴール(目標)とするスタートラインに立った学校を認証して、その取り組みの発展を共に高めあおうとする制度である点です。平成25年3月現在でのISS認証状況は、全世界でISSとして100校以上が認証を受け、わが国では、大阪教育大学附属池田小学校が平成22年3月5日に日本初のISSとして認証を受けています。



※ISS認証取得を希望する学校は、原則として、自国にあるISS認証センターの指導を受け
て認証申請書を作成することになっています。

  • 研究活動

  • 教育活動

  • 発刊物ダウンロード

  • 熊本地震関連

  • 東日本大震災関連

  • 日本 International Safe School認証センター(JISS,WHO-CCCSP)

  • 日本 International Safe School認証センター(JISS,WHO-CCCSP)

  • 日本 International Safe School認証センター(JISS,WHO-CCCSP)